看板DE集客ノウハウ

見てわかる看板のデザインを考えよう

更新日:

見てわかる看板のデザインを考えよう

デザインを考える時に大事なこと

看板を考える時に文字やイラスト、色やテイストなどどんなデザインが良いのか迷うと思います。

そんな迷ったときに毎回振り返ってほしいのが「なぜ看板を作るのか」です。この答えは集客のための広告であることです。「集客のための広告」とは、通りすがりの方が、看板や外観をパッと見た瞬間に、「入りたい」と思ってもらうことが成功です。

「入りたい」と思ってもらえるように、ご自身のお店の特徴

「安い」「うまい」「癒やされる」「技術力」

などアピールしたいポイントを通りがかりのお客様に伝わることが重要です。
看板のデザインを考えるときは、まずご自身のお店の特徴、アピールポイントを見つめ直しましょう。

アピールポイントがなかなか見つけられない時は、常連さんに「どうして来てくれるの?」と聞いてみましょう。

きっと飲食店なら「美味しいから」「居心地がいいから」「スタッフが親しみやすいから」・・・
美容院なら「カットがうまいから」「癒やされるから」「清潔感があるから」など答えてくれるはずです。

そしてその答えを基にアピールポイントがわかるような看板をデザインに取り入れていきましょう。

伝えたい人は誰ですか?

通りすがりの人はお店の看板や外観をパッと見た瞬間に、「このお店いいな」とか「入りにくいお店だな」とか、「今度のデートに行こうかな」と判断します。
通りすがりの人が入りやすい雰囲気を出すためにターゲットになる顧客の性別や年齢層、使い方(高級店、リーズナブルな店)など、雰囲気を伝えることが大事です。

わかりやすい例ですと、男性専用の美容室と女性専用の美容室では、制作する看板のデザインは異なります。
本格的なイタリア料理店と、和風パスタ店でもデザインが異なります。新しく看板をデザインするときは、ご自身のお店のターゲット顧客を想定してデザインを考えましょう。

パッと見で伝える方法

看板で大事なことは、通りすがり人は看板をじっくりとは見てくれないことです。通勤途中や車の信号待ちなどに、看板が目に入った瞬間でお店のことをアピールしなければなりません。

そんな一瞬で、「ここは本格パスタのお店」「新鮮な魚が食べれる店」「3,000円でマッサージが受けれる」「地元の物件が多くある不動産屋」と認識していただくために、一言で伝わる言葉やアイコンを考えます。

例えば本格パスタ屋さんなら「生パスタ」
新鮮な魚が食べれるお店なら「漁港直送」
安いマッサージやなら「1時間3,000円」
地元の不動産屋さんなら「地元密着」

など、鍵となる言葉を見つけアピール出来ます。

看板屋さんに伝える

ご自身のお店の特徴やターゲットの顧客がしっかりイメージできたら、まず看板屋さんに相談しましょう。

看板屋さんは看板で伝えることが仕事です。料理を美味しく見せる方法や、リーズナブルなお店と知ってもらう方法、お店のサービスに何があるかをパッと見で、知ってもらう方法など様々なノウハウがあります。

お問い合わせ

「看板のまるやす」のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
看板に関するご相談・お見積りは、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

フォームメールでのお問い合わせ

お見積り依頼はこちら

現場写真やデザインデータをご用意いただくと、概算費用をお伝えしやすくなります。

Tel電話でのお問い合わせ

営業時間 10:00~18:00 土日祝休み

無料出張エリア

※無料出張エリア
【愛知県】名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、東海市、大府市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村
【岐阜県】岐阜市、大垣市(一部)、関市(一部)、羽島市、各務原市、山県市(一部)、瑞穂市、本巣市(一部)、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、本巣郡北方町

Copyright© 看板集客ノウハウ|名古屋・岐阜の看板制作は看板のまるやす , 2020 All Rights Reserved.