看板DE集客ノウハウ

看板の制作費用の適正価格とは?

更新日:

はじめて看板を設置しようと考えている方は、看板の費用がどのように決められているのかわからないことが多いと思います。看板製作の費用は、工程や用いる素材ごとにそれぞれ相場が異なり、相場を知ることでその業者の見積もりが適切かどうか判断することができます。

そこで、今回は看板設置までの工程をご紹介するとともに、看板の素材ごとの相場や適正価格を見極めるポイントについて解説していきます。これから看板設置をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

看板の制作費用の適正価格とは?

看板制作の工程ごとにかかる費用

看板制作にあたっては、様々な費用が必要となります。
看板制作の工程から費用を見ていくと、①看板面の原稿にかかる費用、②看板制作にかかる費用、③取付・設置にかかる費用、の3種類があります。

①については、原稿がたくさんのカラーを使った複雑なものである場合は、通常の看板よりも費用がかさむことがあります。
制作工程において最も費用がかかる部分は②看板制作にかかる費用です。設置しようと考えている看板のサイズによって費用が大きく異なるほか、骨格をアルミにするなど耐久性を考えて素材を選定すると、その分費用がかかるようになります。

③取付・設置にかかる費用については、看板の設置場所などが費用に関係してきます。高所など、特別な機材を用意する必要がある場合は、その分通常よりも費用がかかります。

看板素材ごとの相場

看板素材ごとの相場に関しては、制作会社によってはある程度必用な費用が示されていることがあります。
ここでは、一般的な看板に用いられる素材の組み合わせごとに、看板制作の相場を見ていきましょう。

※看板の大きさや設置場所に応じて費用は大幅に変わります。
※あくまでも一般的な相場であって、看板のまるやすが価格を保証するものではありません。

アルミ枠看板+スポットライトの場合

アルミ枠看板+スポットライトの場合は、店舗の顔として目を引く場所に設置することを目的とした看板になります。看板自体は発光しないため、スポットライトを設置することによって夜間に看板を見ることが可能になります。

アルミ枠看板、カラーIJ出力にUVラミネート加工を付け、スポットライトを設置する内容で、16万円から大きさや設置場所に応じてお見積りというのが大体の相場です。

カルプ立体文字看板+LEDスポットライトの場合

カルプ立体文字看板は、立体的な文字で店名などを強調したいときに用いる看板です。こちらも夜間に視認できるよう、スポットライトを設置する必要があります。

カルプ立体文字看板の相場はアルミ枠看板よりも安価であり、8万円前後から設置することができます。 ただし、こちらも設置場所や大きさに応じて金額に相違はでます。

プレート看板の場合

プレート看板は、照明を当てずにアルミ複合版などを壁に取り付ける看板を指します。発光するわけではないので派手さには欠けますが、周囲に光源が豊富な都市部などではこの看板で十分です。

相場は4万円からと、看板業者に依頼するものとしては最も手軽に設置できる看板と言えるでしょう。

アルミ枠看板+スポットライト取付+ウィンドウサインの場合

アルミ枠看板にガラス部分の装飾も施した場合、お店の入り口に統一感が生まれお客さんの目を引くほか、内側からの目隠しとしての機能も期待できます。

通常のアルミ枠看板にガラス面の装飾も含めて、相場は18万円からとなっています。通常の看板よりも料金は高くなりますが、店の前を明るく際立たせたい場合にはもってこいの組み合わせです。

高所作業が絡むことで費用が大幅に変わりますので、詳細なお見積りを取ることをおすすめします。

看板の適正価格を見極めるためには

看板は長期間利用することで来客数の上昇などが期待できることから、看板の費用は単なる商品の購入というだけでなく、投資としての側面を持ちます。看板を依頼する際にはこのことを含め、効率性をシミュレートしてみましょう。

具体的には、「投資額」を「看板設置による利益」で割ったときの数字が1より小さければ、投じた費用が1年以内に回収可能であることがわかります。看板は長期間設置されることが多いため、この回収までの年数が3年以内であれば投資する価値はあるということができるでしょう。

「看板設置による利益」は、見込単価に年間顧客獲得数を乗じることで算出します。「投資額」が30万円で、「看板設置による利益」が25万円であった場合、30万円÷25万円で、投資回収までにかかる年数は1.2年となります。この結果、25万円の看板への投資費用は1年経てば回収でき、合理性のある投資であることが確認できます。

このように、投資の合理性を判断するには、看板設置によりどの程度お客さんの来客が増えるかを想定し、それを前提に費用の回収年数を算出する必要があります。お店の立地条件やお店の業務形態、看板の設置場所などによって来客が増加する割合は変動するので、看板業者にこれらの条件からどの程度来客が見込めるのか、あらかじめ教えてもらうと良いでしょう。

まとめ

これまでご紹介してきたように、看板は素材やその組み合わせによって相場が大きく異なります。また、業者から提示された見積もり額が適正であるかどうかを見極めるには、今回触れたシミュレーションを行ってみるなど、看板設置の投資的な側面にも着目する必要があります。

看板は長期間にわたってお店の名前やサービス内容を通行者に伝える「顔」です。設置を考える際には、デザインや設置場所だけでなく設置の効率性にも着目しながら、より良い投資を行っていきましょう。

お問い合わせ

「看板のまるやす」のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
看板に関するご相談・お見積りは、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

フォームメールでのお問い合わせ

お見積り依頼はこちら

現場写真やデザインデータをご用意いただくと、概算費用をお伝えしやすくなります。

Tel電話でのお問い合わせ

営業時間 10:00~18:00 土日祝休み

無料出張エリア

※無料出張エリア
【愛知県】名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、東海市、大府市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村
【岐阜県】岐阜市、大垣市(一部)、関市(一部)、羽島市、各務原市、山県市(一部)、瑞穂市、本巣市(一部)、羽島郡岐南町、羽島郡笠松町、安八郡輪之内町、安八郡安八町、本巣郡北方町

Copyright© 看板集客ノウハウ|名古屋・岐阜の看板制作は看板のまるやす , 2020 All Rights Reserved.